野菜でどれだけ健康になれる?栄養素とその影響

ストレスへの耐性

現代は「ストレス社会」とも言われるほど、人とストレスが密接にかかわりあっている時代です。対人ストレスに環境ストレス、身体的なストレスから社会的なストレスまで…人をいつでも悩ませるストレスには、野菜を積極的に食べることが予防策になるのです。そもそも人が感じているストレスは、脳から分泌されるホルモンによるものです。ビタミンやアミノ酸といった栄養素を補給することにより、ホルモンの分泌に影響を与えて、結果的にストレスの予防・緩和に繋げられるというわけです。イライラとした感情や悲しくて憂鬱な感情を感じているときは、ホルモンの分泌バランスを野菜でコントロールしてみましょう。

ストレスに強く影響を与えるとされる栄養素は、ビタミンCやビタミンEです。人はストレスを感じると、それに対抗するためのホルモンを同時に分泌しようとします。そのホルモンを分泌するために消費されるのがビタミンCで、ビタミンCを普段からたくさん摂取していることでかなりストレスに対処しやすくなるでしょう。また、ビタミンB群は脳のエネルギーをサポートしており、ストレスによって集中力が続かないといった事態を回避するのに役立ちます。ストレスによる生活へのトラブル予防にも適していると言えるでしょう。