野菜でどれだけ健康になれる?栄養素とその影響

腸内環境が良くなる

野菜の栄養素が与える健康への影響として、腸内環境の改善はかなり大きな存在です。野菜には食物繊維がたっぷり含まれているため、野菜を積極的に食べることで腸内環境が整えられ、便通の調子が良くなるのです。具体的に言えば便秘や下痢を緩和させ、毎日の快便へとつなげてくれます。ただ単に「食物繊維」と言っても、その中には「水溶性食物繊維」と「不溶性食物繊維」の2種類が存在します。水溶性食物繊維は水に溶けてヌルヌルとした感触が特徴的で、胃腸の中をゆっくり穏やかに移動しながら糖質の吸収を緩めます。

これに対して不溶性食物繊維は水に溶けず、シャキシャキとした感触が特徴的。腸内でも水に溶けず水分を吸い込みながら膨らみますから、その性質から便のカサを増して腸の蠕動運動を促し、便秘を打破する手助けになってくれます。水溶性食物繊維も不溶性食物繊維も、どちらもバランスよく偏らないように摂取することが大切です。そのためには野菜を日ごろから積極的に食べることが大切。水溶性食物繊維はイモ類や大根などから、不溶性食物繊維はごぼうなどから効率よく摂取することができます。サラダだけではなく、スムージーや野菜ジュースを利用するのもおすすめの方法です。